不労所得の作り方ガイド

不労所得を作る方法

 

労働をすることなく手に入るお金が「不労所得」であり、あこがれの存在でもあります。

 

この不労所得、世間一般では高嶺の花的なイメージがありますが、実は意外と簡単に作ることができるんですよ。

 

不労所得の難易度

 

不労所得の作り方にはいろいろな手法がありますが、中には難易度の高いものもあります。

 

もちろん難易度が高いものほど実入りも良いんですけど、それはなかなか難しところですよね。

 

たとえば印税。漫画が単行本化されたりアニメ化される、音楽でCDが売れたりカラオケで歌われるとチャリンチャリンとお金が入ってきますが、そのためには大変な努力やセンスが必要です。

 

では不労所得をあきらめなければいけないのかといえば、あきらめる必要はありません。

 

ソーシャルレンディングがおすすめ

 

不労所得にはどういった種類があるのかなど詳しく解説しますが、先に結論です。

 

不労所得を目指しているのであれば、ソーシャルレンディングをおすすめします。ソーシャルレンディングとは、貸付型クラウドファンディングのことです。投資の一種になります。

 

ソーシャルレンディングの仕組み

 

ソーシャルレンディングは、簡単に言うと、不特定多数の人からお金を集めてそれを一括運用する、というものです。

 

集めたお金を貸し出し、その貸し出した先から利息を受け取って利益を上げる、という流れになります。イメージとしては、銀行預金に近いですね。

 

銀行は多くの人からお金を預かって貸し出し(運用し)、そうして得た利息を利益としています。また、その受け取った利息の一部を預金者に還元しますよね。

 

ソーシャルレンディングも、間に事業者が入り、貸し出して得た利息の一部を投資家が受け取る、という流れになります。

 

ソーシャルレンディングのメリット

 

ソーシャルレンディングは、案件を選んで後はお任せ、という商品です。

 

なので、そこまでの手間がかかりません。また、利回りは年率数%から、中には10%を超えるようなものもあります。

 

リスク商品なので元本が保証されない点は注意が必要ですが、あまり難しいことをしたくない、価格変動に振り回されたくないという人にとってはありがたい商品ではないでしょうか。

 

ソーシャルレンディングで注意すべきポイント

 

繰り返しになりますが、ソーシャルレンディングは元本が保証された商品ではありません。

 

また、まだまだ新規の投資商品であり、完全に安心して大金を運用できるかといえばできない、といえます。

 

なので、資産のすべてをソーシャルレンディングで運用するのではなく、あくまで運用資産の一部に止めておく方が賢明だと言えるでしょう。